スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

秘密にする

[平城遷都1300年祭] 不人気せんとくんに仏教界からの刺客・・・。新ライバル出現




>2010年に奈良県で開かれる平城遷都1300年祭に、またも新キャラクターが登場した。
公式キャラ「せんとくん」について、「頭の鹿の角は仏様への侮辱」と批判していた奈良の僧侶有志が
20日、聖徳太子の少年時代をモデルにしたキャラ「なーむくん」を発表。


僧侶なにやってはるんですか



 「なーむくん」をつくったのは、奈良市や周辺の19寺でつくる親睦団体「南都二六会」。

十七条憲法を制定した太子にちなんで眉と目で「一七」を表現し、
愛称は南無阿弥陀仏などからヒントを得たとしている。


08062101

(左から、「せんとくん」「まんとくん」「なーむくん」)

これに対し、事業協会(せんとくん派)の一柳事務局次長は
「せんとくんをすべての人に愛してもらえるよう努力していきたいが、好みの問題もある。
まんとくん同様、新しい友達が増えたという印象」。

せんとくん白旗状態。

おなじ民間キャラを要するこちらは・・・
クリエイターズ会議・大和(まんとくん派)の村上事務局代表は
「民間のキャラ同士、お互い祭を盛り上げていきたい」と話している。

新キャラにエールを送る形で、公式キャラはハブなようです。


ここまでキャラクターで盛り上がれるのは、面白いですね。


そういえば、やっぱりモリゾーは目つきが悪いと思います。
愛・地球博が済んで森に帰った設定になってるはずですが、何かの時に出てきてましたよね?


記事:http://www.asahi.com/national/update/0620/OSK200806200100.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密にする
HOME

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。