スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

秘密にする

football_試合結果 オマーン vs 日本(W杯3次予選)




オマーン 1-1 日本

ダイジェスト動画はこちら

'12 1-0 アルマハジリ
'53 1-1 遠藤(PK)
'74 退場 大久保(報復行為)、アルナウフリ(暴力行為)

[先発メンバー]
日本
GK 楢崎正剛
DF 中澤、闘莉王、駒野、内田
MF 中村俊、遠藤、松井、長谷部
FW 玉田、大久保('74退場)

オマーン
GK アルハブシ
DF ラビア、アルナウフリ('74退場)、サビル、アルアジミ、ファヤル
MF ドゥールビーン、ムバラク、アルマハジリ、アルファルシ
FW サレハ

[総括]
酷暑のアウェー戦。ピッチにはボコボコな部分が見える。
オマーンの2本目のコーナーのセカンドボールを上手く処理されて、PA前からのシュートで失点
その後も好セーブで魅せるGKアルハブシ、カウンターを狙うオマーンに苦戦する。
後半、玉田が倒されPKを獲得。遠藤がコロコロPKで右隅に流し込み同点
直後にオマーンにもPKが与えられるが、コース甘く楢崎がセーブ。
後半70分過ぎ、玉田のクロスに飛び込んだ大久保がアルハブシと接触。
大久保がアルハブシに蹴りを入れてしまいレッドカード松井に手を出したアルナウフリも同時に退場
その後10人同士の戦いになるも、決め手を欠きドロー。

[感想]
内田。俊輔サイドから組み立てる意図が見えたが、中盤底に位置した長谷部も同時に上がるため
遠藤のカバーエリアが増え、カバーしきれなかった場面が多く見られた。センターサークル右あたり、
その空白のエリアへのケアを逆手に取ったカウンターがオマーンの攻撃の軸となっていた。
相手の背の低いFWは自分の特長ををフルに使い日本DFを惑わしていた。

全体的にシュートが少なく、エリア内に決定的なボールを入れられない。
中央で前を向けない日本の悪さがサイド戦術に出ていた。サイドも機能していたとはいえない。
交代も遅く、この条件下での戦いが適切だったとは思えなかった。
もっと早い時間に、前線に溜めを作れる選手(DFを固定できる選手)を入れ、
(横ズレでのカバー&時間を置いて攻めあがる意図の)左サイドを今野にすればよかった気がする。
全体的に采配の判断が遅い。

マスコミとスポンサーの都合で炎天下になった試合とはいえ、自滅の部分も見られましたね。
まあ、アウェーは何が起こっても仕方ありません。中東の恐ろしさは昔からですし。

スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密にする
HOME

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。