スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

秘密にする

[サッカー]Euro2008準々決勝スペインvsイタリア(08/06/22)ハイライト動画(PK戦)








Quarterfinal Euro 2008: Spain vs Italy


ブッフォンとカシージャス。
どちらのGKも世界最高レベルですね。

ブッフォンの反応、神懸かりを否定する方は殆どいないと思います。


対してカシージャスは、失点数・失点シーンだけを見れば世界最高と書くと賛否はあると思います。
ですが、"攻撃こそ最大の守備"であるレアル・マドリードで、彼はアンタッチャブルな存在です。

守備の整わないうちにシュートを浴び、または単独で守った場面を考えると、
あれだけのパフォーマンスを見せることがきでるGKは稀有なのではないでしょうか。



そういえば以前読んだ記事では、GKにも、ヨーロッパ型と南米型の2通りがあるそうです。
股割りの出来るGKと、横で止めるGKでしたか。細かいことは失念しましたが、
イタリアのようなコンパクトなサッカーでは、コースを搾った至近距離で防げるように、
股割りで対応できるGKが活躍できるそうです。

マンUトレブルの立役者、ピーター・シュマイケルは確かハンドボール出身の選手で、
コースを押さえた上での股割りと、至近距離での圧倒的な反応が印象的でした。
全盛期のカーンが守るゴールよりも、ゴールが小さく感じました。

そういえば、日本でも「土のグラウンドでは度胸あるGKは育たない。」といわれていましたね。
20年近く前の話ですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密にする
HOME

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。