スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

秘密にする

[ヤジ馬][モラル] 飛行機内で救命中、傍観客の視線と写真撮影でPTSD




>航空機内で心肺停止した男性に蘇生(そせい)措置をして助けた女性が、やじ馬状態の
ほかの乗客に写真を撮影され、恐怖心などから心的外傷後ストレス障害(PTSD)になった。




女性は救急法の指導員資格があり、機内で倒れた男性に独りで人工呼吸や心臓マッサージをした。
男性は呼吸が戻り、規則的な心拍も回復して命を取り留めた。


この間、
多くの中高年の日本人男性らが「テレビと同じ」「やめたら死ぬんでしょ」と携帯やビデオで撮影
女性は中年男性が集まる場所で過呼吸症状が。シャッター音が怖く携帯カメラも使えなくなった。
「やじ馬の罵声と圧力の怖さは忘れないと思う」と話しているという。


「こういうときこそ2chなどで顔を晒され特定され、非合法でもモラルの制裁を受ければいいのに」
と個人的には考えてしまいます。
法律の範囲内なら何でもやっていいみたいな風潮は、宜しいことではありません。

客室乗務員は手伝わず、AEDを頼んだが、持ってこなかったという。

AEDとは・・・電気ショックを与え心臓の働きを戻すことを試みる医療機器。

記事:http://sankei.jp.msn.com/life/body/080625/bdy0806250910003-n1.htm


事件に群がりたい好奇心は心情的には理解できますが、
状況を把握した行動が出来ない大人が増えているのではないでしょうか。


仕事上のTPOは気にするが、プライベートはKYなオジサンは多いのでは。

先日の秋葉原の野次馬の件が大きく取りざたされていましたが、若者に限りませんね


そういえばパトカーのサイレンでもビルの非常ベルの誤作動でも、
過剰に気にする方とそれなりの反応で留まる方は分かれる気がします。
敏感に反応し騒ぎ立てる人たちは、その育ち方が関係している気がしてなりません。
対外的な反応を躾けられる環境であれば、負のイベントでの振舞い方は理解できるでしょうから。


ともあれ何でもかんでも心の病気と認定する今の風潮は好ましくはありませんが
この記事を読むかぎりでは、周囲の人としてのモラルのほうが気になります
野次馬を諌めるような、胸のすくような日本男性は一人も居なかったのですかね?

関連記事:http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080618/crm0806180748005-n1.htm
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密にする
HOME

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。