スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

秘密にする

[原油][高騰] 石油卸価格一斉引き上げ。ガソリン180円台に。経済活動停滞必至




石油製品の卸価格を一斉に引き上げた。
全国各地でレギュラーガソリンの小売価格が1リットル当たり10円程度アップ





原油価格の高騰により、元売り各社の原油調達コストは軒並み上昇。
7月の卸価格は最大手の新日石が1リットル当たり8円40銭、ジャパンエナジーが10円、昭和シェル石油が9円80銭と大幅に引き上げた。

スタンドを経営者「節約や買い控えが一層増す。行楽シーズンが心配だ」



そういえば今回の原油高騰の理由を深く考えることはなかったのですが、考えてもみると
投機による高騰、需要と供給のバランス、中東の状況・思惑、後続的消費経済圏の成長と、
日本国内からは全く改善が期待できそうなところが内容に思えます。

他の国に「買うな」ともいえませんし、産油国に「もっと掘れ」と強制するわけにも言えません。
投機家を叩きまくることも出来ませんし、石油製品を使わぬわけにもいきません。

エネルギー資源がないのでは個人だけじゃなく社会としての経済活動も鈍ります。
このままじゃ国内は共倒れですね。困ったものです。

エネルギーに関しては、新しいルートや手段でどうにかなりませんかね。
バイオマスエネルギーなどは、独占とか利害の問題が何とかなればもっと進むのでしょうか。
学術的な範囲から飛び出せそうで飛び出せないのは、いつも微妙にキナ臭いです。

記事:http://www.47news.jp/CN/200807/CN2008070101000035.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密にする
HOME

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。