スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

秘密にする

[Intel][Atom] インテルの新CPU、Atomの特長








Atomはコンピュータ用語で「データ構造の基本要素」などを意味する。

Atomはこれまで「Silverthorne」または「Diamondville」のコードネームで呼ばれてきたもので、
MIDや低価格PC向けの低消費電力なx86プロセッサー。

【Atomの特長】
・消費電力(TDP)が低い Core 2 Duo(35W)に対してAtomは0.6~2.5W程度
・Atomは約24平方ミニメートルとダイサイズが非常に小さく、モバイル機器に搭載しやすい。
・処理性能が高く、既存Core 2 Duoの命令セットとも互換性がある。
・Core 2 Duo プロセッサーに比べて低価格で製造できるため、市場に広めやすい。

なんだか良いこと尽くめな。
今夏の新PCから本格的にリリースされますが、ユーザーの評価はどのようになるのでしょうね。
モバイルノート全般の値下がりを期待してしまいます。


関連:
[PC] 6万円を切るAtomミニノートパソコン、マウスコンピューターが発売
[PC] 富士通も5万円モバイルノート参入、国内大手では初の見込み
[PC] EeePC新モデル、8.9型ワイド液晶とSSD12GBとわりとイイ感じのスペックで5万9800円

▼【最新ハイテク講座】10万馬力どころじゃない! 小型ノートパソコンを超安くした「Atom」
▼超小型でパワフルなインテル Atom プロセッサー
▼インテル、最新の低消費電力プロセッサー・ファミリー向け「インテル Atom」ブランドを発表
▼インテル、Silverthorneの正式名称を「Atom」に決定
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密にする
HOME

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。