スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント


初めまして、治外法権×裏道の管理人irumuです。こちらのブログをリンクに追加したいのですがよろしいしょうか?。
では、お返事をお待ちしています。
2008-07-25 金 01:21:31 /URL /irumu /編集

始めまして、inumuさん。
興味を示してくださって有難うございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。m(_ _)m
2008-07-27 日 23:25:18 /URL /もだれ. /編集

お返事をありがとうございます。
早速、こちらのブログをリンクに追加しますね。では、これからも宜しくお願いします。
2008-07-28 月 00:01:59 /URL /irumu /編集

コメントの投稿

秘密にする

[メーラー][IT] 「Thunderbird 2.0.0.16」公開、8件の脆弱性を修正








▼「Thunderbird 2.0.0.16」公開、8件の脆弱性を修正(7/24)
> Mozillaは23日、メールソフト「Thunderbird」の最新版となる「Thunderbird 2.0.0.16」を公開した。
8件の脆弱性を修正しており、Mozillaではアップデートを推奨している。
Windows版、Mac OS X版、Linux版がそれぞれダウンロードできる。

特定の状況下でメモリ破壊の形跡が見られるクラッシュのバグを修正。
また、危険度が最も低い「低」では、「不適切な.propertiesファイルによる未初期化メモリの使用」
「MIME処理におけるバッファ長のチェック」の脆弱性を修正した。

◆Thunderbird 2.0.0.16 で修正済み◆
 MFSA 2008-34 CSS 参照カウンタのオーバーフローによるリモートコード実行
 MFSA 2008-33 ブロックリフローにおけるクラッシュとリモートコード実行
 MFSA 2008-31 自己署名証明書の代替名を利用したサーバ偽装
 MFSA 2008-29 不適切な .properties ファイルによる未初期化メモリの使用
 MFSA 2008-26 MIME 処理におけるバッファ長のチェック
 MFSA 2008-25 mozIJSSubScriptLoader.loadSubScript() による任意のコード実行
 MFSA 2008-24 キャッシュファイルからのクロームスクリプトの読み込み
 MFSA 2008-21 メモリ破壊の形跡があるクラッシュ (rv:1.8.1.15)
-------

やっとバージョンアップですね。
Java関係を切ったまま使ってたので、すっかり忘れていました。


導入した限り、大きな問題はなさそうです。
スポンサーサイト

コメント


初めまして、治外法権×裏道の管理人irumuです。こちらのブログをリンクに追加したいのですがよろしいしょうか?。
では、お返事をお待ちしています。
2008-07-25 金 01:21:31 /URL /irumu /編集

始めまして、inumuさん。
興味を示してくださって有難うございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。m(_ _)m
2008-07-27 日 23:25:18 /URL /もだれ. /編集

お返事をありがとうございます。
早速、こちらのブログをリンクに追加しますね。では、これからも宜しくお願いします。
2008-07-28 月 00:01:59 /URL /irumu /編集

コメントの投稿

秘密にする
HOME

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。