スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

秘密にする

[特亜][北京五輪] 北京オリンピック開幕。壮大なスケールの開会式




行進順序がわかりにくかったです。


▼厳戒態勢の中、北京五輪が開幕 最多の国・地域が参加
>8日午後8時(日本時間午後9時)、メーン会場の国家体育場(愛称・鳥の巣)で開会式を実施、
開幕した。史上最多の204カ国・地域が参加する。

中国当局は大会に備え100万人を超える警官などを配置、不測の事態の阻止に努める。
-------

開会式をずっとテレビで見ていたのですが、3時間過ぎたあたりで飽きました

やはりマスゲームをさせると天下一品ですね。そこは評価です。
ただ、パフォーマンスの精度が良くみえるほどに屋台骨の危うさが心配になります。

選手入場まで1時間は終始中国のアピールで、五輪っぽい演出は一度だけだった気がします
特に、中国の少数民族の衣装を着た子供たちが中国の国旗を運んでくるくだりは、
薄ら寒さを覚えました。その後、軍服をきたスタッフ(軍人?)に旗を渡して掲揚する部分とか。

他人に向かって団結を強調するほどに、その危うさが見えるような。

中国の誇る文化・歴史紹介の演芸は、ちょっとお客に不親切じゃなかったでしょうか。
会場にいる人たちには補足説明されてたのでしょうかね。


選手入場は色々と見所がありました。というかフリーダムすぎました。
携帯で喋りながら行進したり、ビデオやカメラで撮りながら行進したり。
リラックスしてる国が多かったですね。
日本の行進の時、マスター音量が下がった印象があります。

中国代表の行進あたりで飽きました。まぶたが重くて・・・。
あぁ、やっと終わったんだなあ、と思わせるような閉会式開会式でした。

このメイン会場“鳥の巣”も将来、中共団結の象徴のような使われ方をするのでしょうね・・・。









▼北京五輪の食堂がぼったくりだとネットで話題(2008年08月08日)
>脂っこそうな焼きそば、よくわからないデザート、ペットボトルのオレンジジュース。
これだけで95元(約1,400円)もする。市内の食堂では、この価格の3分の1で食べられる
-------
モリゾーとキッコロの里もぼったくりでしたね。
ヤツらは用済みになった折、「森に帰った」という設定だったはずなのに、
たまにチラホラ出ていたような気がします。
いいのかい?ホイホイついてきて。

▼「せいぜい頑張って」 五輪代表を首相流?激励(8月9日)
>福田康夫首相は8日、北京五輪開会式を前に日本選手団を激励するため選手村を訪問。

「まあ、頑張ってください。せいぜい頑張ってください」
「私はね、日本国民のためにメダルをいくつ取ってくれなきゃ困るなんてこと言いません。
余計なプレッシャーかけちゃいけないと思って自制しているんです」
-------
せいいっぱいの思いやりなんだろうとは思いますが、どっか欠落してますね。
官房長官時代の、くだらないことを聞くマスコミへの切り返しとかはすきだったのですが、今は・・・・。

▼上海市民、北京五輪への関心は低め
>中国のビジネス中心地である上海の市民の多くは、オリンピックに無関心

「どうでもいい。上海が無視されているとも思わない。オリンピックなんて本当に退屈だ」
「オリンピックのおかげで北京に出張することもできない。日常生活に支障を生じさせている」
-------
サッカーW杯も五輪も関係ない人には関係ありませんからね。
こういう反応もしごく自然な気がします。

▼「日本は金17個」アテネで話題の学者、今回も予測
>前回のアテネ五輪の金メダル数では、この学者の予測(6個)を大きく上回る16個(5位)を獲得
-------
大盤振る舞いされても、アウェーですから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密にする
HOME

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。