スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

秘密にする

[WinXP][Tips] 通知領域の項目を『常に非表示』にしても出てくる




私は、タスクトレイ中のインジケータ項目が多いと鬱陶しいので、
表示していたほうが都合が良いもの以外は『常に非表示』にしています。

それでも時々設定が戻って非表示にしたものが表示されていたり、
設定情報が無茶苦茶になった経験は誰しもあるのではないでしょうか。


またプロパティ中の『過去の項目』に、アンインストールしたソフトの
通知設定のログが残っていたりして気になったりすることはありませんか?

08061503




通知領域の表示・非表示の情報は、レジストリ内で管理されているので、
一度その項目を削除して再設定するしかないようです。

手順)
[レジストリ内の設定項目の削除]
 ①ファイル名を指定して実行でregeditなどで、レジストリエディタを開く。
 ②以下の項目を表示
 →HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\TrayNotify
 ③当該項目を削除
  現在の項目の設定)
     →[IconStreams] を削除
  過去の項目の設定)
     →[PastIconStreams] を削除


[explorerの終了]
 ctrl++alt+delなどでタスクマネージャを起動し、explorerのプロセス終了 

[explorerの起動]
 同じくタスクマネージャで、「新しいタスクの実行」を選び、「explorer」と打ち、実行。



以上で、『通知のカスタマイズ』内の情報はリセットされます。



かなり強引なのですが、Microsoftのサポートで紹介されていたりします。
苦肉の策だったのでしょうか。
関連:http://support.microsoft.com/kb/882186/ja

スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密にする
HOME

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。